会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
休業日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業日
   ショップ紹介
早いもので今年もノヴェッロの予約販売開始の時期になりました。2016年のイタリアの気候はどうだったんだろ...
 
 
 
 
 
 


    PODERE 29 ポデーレ ヴェンティノーヴェ

住所 : Via Raffaello, 4 - 76016 Margherita di Savoia(Barletta)
設立 : 2005年
オーナー : Giuseppe Marrano
エノロゴ : Luca Pugliese
年間生産量 : 56,000
所有ブドウ畑 : 22ha + 1ha(借用)

                     

絶滅寸前のプーリア北部の地葡萄ネーロ デ トロイアとフィアーノ ミヌートロで鮮烈デビュー

ポデーレ ヴェンティノーヴェは今から約10年前に設立された、まだ新しいワイナリーです。場所はプーリア北部、
フォッジャ県チェリニョーラのボルゴ トレッサンティにあります。パオロ マッラーノと長男のジュゼッペ、そして2011年
から、大学卒業後から様々なワイナリーでワイン造りに携わっていた、パオロの弟のミケーレが主に畑仕事中心に担当して
いる家族経営のワイナリーです。

パオロの祖父の代は主にオリーヴの生産をしていました。パオロがワイン造りをきっかけに、今では23haの葡萄畑を所有
しています。葡萄以外にオリーヴや小麦粉、ジャム作りのための果物も栽培しています。

「自分達は、デリケートで難しい葡萄品種を使い、他の人のやっていないワインを造りたい。」と語ります。

               
             フィアーノ ミヌートロ        ネーロ ディ トロイア

プーリアの土着品種にこだわり、古代品種のフィアーノ ミヌートロを1ha、ネーロ ディ トロイア(別名ウーヴァ ディ
トロイア)を4haで栽培しています。「プーリアは大量生産で質の低いものが多い中、自分たちはデリケートで難しい
葡萄品種を育てて、よいワインを造りたい。」と語っています。

                     

Podere 29の名前の由来は、軍人だったパオロの先祖が第1次世界大戦後、退役軍人へ行われた土地の貸与を受けました。
その貸与された場所が、この29区画目のPodere(農場)だったため、その歴史を忘れること無くという思いを込め、
ワイナリーの名前になりました。

ラベルの木は桑で、Gelsoも桑の木という意味です。パオロの祖父が別の場所に土地を持っていて、そこにあった桑の木が
枯れそうでした。それを、今カンティーナのある場所に移したら元気になったので、再出発という意味も込め、ワイナリー
のシンボルとしています。

                     

葡萄栽培はミケーレを中心に運営されています。収穫は全て手摘みで行い、また認証は受けていませんが、無農薬農法
(ビオディナミ)採用しています。畑には肥料はまかず、葡萄が病気になっても、畑を汚染する恐れのある銅や硫黄は使用
しないという徹底ぶりです。

畑の収穫も1ヶ月前に選別を行います。年によって異なりますが、白ブドウは9月20日頃、黒ブドウは9月末から10月初旬
に行います。販売先はほとんどイタリア国内で、ローマが中心です。発酵は全て自然発酵。自然に全て委ねているので、
そのままの香りを感じられるといいます。


【白ワイン】

ジェルソ ビアンコ
Gelso Bianco

      

生産量が少なく、新ヴィンテージがリリースされる前に売り切れて、長く欠品になりやすいワインです。南イタリア起源の
古代品種「フィアーノ ミヌートロ」100%使用。プーリアに古くからある土着品種で、カンパーニャのフィアーノとは別の
ものです。フィロキセラ過以降、忘れ去られていましたが、近年再び注目を浴びるようになっています。プーリアの中でも
北部でしか栽培されていません。ジェルソ ビアンコは、この品種の特徴である豊かなアロマと複雑なフレイバーを最大限
引き出すように造られています。


【赤ワイン】

アヴィア ペルヴィア
Avia Pervia Primitivo

      

土着品種のプリミティーヴォ100%からのワインです。収穫は酸化を防ぐため、気温の低い早朝に行います。発酵は、
温度コントロールされたタンクで、定期的にルモンタージュしながら行います。澱引きし、タンクで6ヶ月熟成させます。
紫がかった濃いルビーレッド。豊かな赤い果実の濃厚なアロマ。口に含むと非常に調和がとれ、やわらかで心地よい飲み口です。


ジェルソ ネーロ
Gelso Nero

      

プーリアに最も古くからある土着品種、ネーロ ディ トロイアからのワイン。2009年から造られています。垣根仕立てで
栽培しています。様々なベリー系の香りが特徴でブラックペッパーのニュアンスも感じられるビターテイスト。年間生産量は
30,000〜35,000本。


ジェルソ ドーロ
Gelso d'Oro

      

プーリアで最も古くからある土着品種、ネーロ ディ トロイア100%のワイン。葡萄を乾燥させた後、収穫は10月の初旬、
手摘みで行ないます。フレンチオークの新樽で8ヶ月間。皮の黒い果実のアロマの後からココアやシナモンの香り。リッチで
超濃厚なフルボディ。年間生産量は8,000〜9,000本。
ルカ マローニ「ベストワイン年鑑2016」で96点。葡萄品種別のウーヴァ ディ トロイア部門では堂々の第1位です。


       これから更なる躍進が期待される生産者です!!
                    

ページトップへ