イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
休業日
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
休業日
[OWNER]
 
 
 
 
 

トップ > 赤ワイン > フリウリ ヴェネツィア ジュリア  > ロッソ 2014 クロアット 赤 750ml
2,000円〜2,999円 > 赤ワイン > ロッソ 2014 クロアット 赤 750ml
地域でさがす > フリウリ ヴェネツィア ジュリア > ロッソ 2014 クロアット 赤 750ml
フリウリ ヴェネツィア ジュリア > ロッソ 2014 クロアット 赤 750ml

ロッソ 2014 クロアット 赤 750ml

Rosso 2014 Croatto

【赤】【フルボディ】
等級 : Rosso I.G.T. Vemezia Giulia
葡萄品種:メルロー 93%、レフォスコとカベルネ フラン 7%
熟成:バリック20ヵ月
アルコール度数 : 13%

みずみずしく、華やかな赤系果実の香り。軽やかでジューシーな果実には青さはなく、しなやかに丸みを帯びた口当たりと、中盤から現れる細やかなタンニンとのバランスはこの価格のワインだとは思えないほど良くまとまっている。

相性の良い料理 : 豚アリスタのオーブン焼き など

CROATTO
住所 : V. D'orzano, 3 - 33042 Buttrio(Udine)
設立 : 1990年
オーナー : Piero と Maria Croatto
エノロゴ : Enzo Pontoni
アグロノモ : Enzo Pontoni
葡萄栽培 : ビオロジック
年間生産量 : 40,000
所有ブドウ畑 : 6.5ha

クロアットは、イタリア最強のカルトワインとして名高いミアーニの当主エンツォ ポントーニが植樹、栽培、醸造すべてを自らの手で行なう新プロジェクトである。その全プロセスにおいて、考え方や方向性は全く変わらず、ミアーニに対してと同様の深い愛情と情熱が注がれる。『グランクリュ』ともいえるフリウリ最良の産地、ブットリオにある畑ソット ダ モンを所有するのがクロアット家であり、そのままワイナリー名となっている。誰よりも長い時間を畑で過ごすことで有名なポントーニが、長年の研究結果からその畑の類まれなるポテンシャルに確信を持ったことで、このプロジェクトは生まれた。
商品コード : IFRR104437
製造元 : クロアット
希望小売価格 : 3,240
価格 : 2,550円(税込2,754円) 
750ml
ポイント : 26
数量    残りあと2個
 

イタリア フリウリ

13,900円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料 ※飲食店様会員(北海道、九州、沖縄)は除く

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • メルロの果実味ときれいな酸味、ミネラルの旨みのバランスが上手く取れていて、複雑さとエレガントさを併せ持つフリウリのテロワールを表現した味わい。

  • 2001年にポントーニにより、斜面上部にソーヴィニョン、下部にメルロの植樹が行なわれた。ラベルに記された『Clas(=石)』の文字が示す通り、表面は小石に覆われた砂利質で、地中30cmは粘土質、より深い場所は小石、粘土、石灰の混合土壌となっており、マール土壌であるミアーニ本人の畑との相違点がここにある。ミアーニのワインは濃厚なパワフルさが魅力であるのに対し、クロアットのワインは低収量のブドウが生む並外れた凝縮感を備えつつも、酸とミネラルが美しく、複雑さとエレガントを併せ持った味わいとなっている。

  • 畑仕事だけでなく、醸造、熟成まですべてエンツォ・ポントーニがミアーニと同じ施設で行っていたが、ミアーニの小さな蔵では醸造スペースが足らなくなってきたため、2011ヴィンテージよりエンツォの信頼厚いロンコ・デル・ニェミツが醸造施設を提供。全ては「中途半端な仕事をするわけにはいかない」というワイン造りに対する責任感からだが、引き続き栽培及び醸造にはエンツォが全面的に携わっている。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    

ページトップへ