イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業日
   ショップ紹介
サッカーワールドカップ ロシア大会も終わってようやく睡眠時間も普通に取れるようになり、平常な日が戻っ...
 
 
 
 
 

トップ > 3,000円〜4,999円 > デザートワイン > ムッファ ノービレ ウンブリア ビアンコ 2015 パラッツォーネ 白 375ml ハーフボトル
地域でさがす > ウンブリア > ムッファ ノービレ ウンブリア ビアンコ 2015 パラッツォーネ 白 375ml ハーフボトル
ウンブリア > ムッファ ノービレ ウンブリア ビアンコ 2015 パラッツォーネ 白 375ml ハーフボトル
ハーフボトル(375ml) > ムッファ ノービレ ウンブリア ビアンコ 2015 パラッツォーネ 白 375ml ハーフボトル
デザートワイン > ウンブリア > ムッファ ノービレ ウンブリア ビアンコ 2015 パラッツォーネ 白 375ml ハーフボトル

ムッファ ノービレ ウンブリア ビアンコ 2015 パラッツォーネ 白 375ml ハーフボトル

Muffa Nobile Umbria Bianco 2015 Palazzone

【白】【甘口】【アルコール度数11%】
等級 : Bianco Dolce D.O.C.
葡萄品種:ソーヴィニョン ブラン(100%)
熟成:バリック8ヶ月間と瓶熟
年間生産本数 : 3,500本

樹齢の古いソーヴィニョン ブランを遅摘みして醸造される貴腐ワイン。ウンブリア最高のデザートワインと評判で、イタリア国内のレストランでも非常に人気があります。

琥珀色の色調。サフランや桃にシロップ漬けの香り、ハチミツ、干した杏子、アロマティックなハーブ系の香りを感じます。口に含むとねっとりとした甘味で、酸味は柔らかくフレッシュで、とても生き生きとした味わいです。

ビベンダ2017 5グラッポリ
ガンベロロッソ2017 2ビッキエリ

相性の良い料理:ゴルゴンゾーラチーズなど

PALAZZONE
住所 : Loc. Rocca Ripesena, 68 - 05019 Orvieto(Terni)
設立 : 1969年
オーナー : Giovanni Dubini
エノロゴ : Giovanni Dubini
年間生産量 : 130,000
所有ブドウ畑 : 24ha

ジョヴァンニ ドゥビーニの造るワインは、オルヴィエートのテロワールが、いかに優れているか、そして白ワイン生産にとってイタリアでも最も重要な地域の一つとしていた歴史が間違えていなかったことを証明しているワインだと言えます。
ロッカ リペザーナの素晴らしい丘陵にベースとなる畑があり、そこで素晴らしい才能を持ったヴィニュロンが感受性、経験、創意を発揮していると言えます。特に白ワインはオルヴィエートのテロワールのエッセンスをよく表していて、典型性と自然さについてよく表現されています。
商品コード : IUMD107501
製造元 : パラッツォーネ
希望小売価格 : 5,292
価格 : 4,170円(税込4,503円) 
375ml
ポイント : 42
数量
 

イタリア ウンブリア

10,800円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料 ※飲食店様会員(北海道、九州、沖縄は除く)

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • ウンブリア最高の貴腐ワインの一つとして人気のあるムッファ ノービレです。古い樹齢のソーヴィニョンを遅摘みしてバリック樽にて醸造。

  • 実はオルヴィエートの造り手は25人しか存在しない。しかし市場には500種類以上のオルヴィエートが存在する。これこそがオルヴィエートの評判を落とした大きな原因です。葡萄を栽培し、ワインに仕上げた段階でワインを買い取るボトラー(80社もあるのだそう)が色々なエチケットを貼って大量にスーパーマーケットなどに販売していた為、オルヴィエートは安ワインの代名詞のような扱いになってしまいました。そのイメージを払拭する高品質なオルヴィエートです。

  • 60年代後半に父親がパラッツォーネ荘園を購入、70年に葡萄を植樹、74年から葡萄の販売を開始、70年代後半には自家消費用ワインを造り始めたが販売はしていなかった。84年に父親の亡くなったのを機に本格的にワイン造りを開始した。当時は5種類の葡萄を混植していたが、2000年には殆ど畑を植替え、区画毎に品種を分けて植えている。『品種毎に病気への耐性も違うし、熟すタイミングも違うので今では分けて栽培し、品種毎に発酵させ、ブレンドしてから熟成させている。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    

ページトップへ