イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業日
[OWNER]
 
 
 
 
 

トップ > 赤ワイン > ピエモンテ  > バローロ ラヴェラ 2012 G.D. ヴァイラ 赤 750ml
5,000円〜9,999円 > 赤ワイン > バローロ ラヴェラ 2012 G.D. ヴァイラ 赤 750ml
バローロ > バローロ ラヴェラ 2012 G.D. ヴァイラ 赤 750ml
地域でさがす > ピエモンテ > バローロ ラヴェラ 2012 G.D. ヴァイラ 赤 750ml
ピエモンテ > バローロ ラヴェラ 2012 G.D. ヴァイラ 赤 750ml

バローロ ラヴェラ 2012 G.D. ヴァイラ 赤 750ml

Barolo Ravera 2012 G.D. Vajra

【赤】【フルボディ】【アルコール度数14%】
等級 : Rosso D.O.C.G.
葡萄品種:ネッビオーロ(100%)
熟成:スロヴェニア産の大樽(25hlと50hl)で42ヶ月間
年間生産本数 : 6,510本

色調はルビーレッドとガーネット色の中間と言えます。ノヴェッロ村にあるこのクリュ畑のバローロは基本的に香りがエレガントで、繊細なスパイス、タバコ、フルーツジャム、スミレやチョコレートなど感じ取れます。口に含むと骨格がしっかりとしており、旨みとフレッシュさ、少し強めのタンニンを堪能できます。1stヴィンテージは2010年から。

--ワイン誌評価--
2012VT
ビベンダ2017 4グラッポリ
ガンベロロッソ2017 赤2ビッキエリ
アントニオ ガッローニ 96点

2011VT
ビベンダ 2016 4グラッポリ
ガンベロロッソ 2016 赤2ビッキエリ

相性の良い料理:ホロホロ鶏のロースト 黒トリュフ風 など

G.D. VAJRA
住所 : Via delle Viole ,25 - 12060 Barolo (Cuneo)
設立 : 1972年
オーナー : Aldo Vajra
エノロゴ : Aldo と Giuseppe Vaira, Gianfranco Cordero
アグロノモ :  Aldo と Isidoro Vaira, Gabriele Castagno
葡萄栽培 : オーガニック 
年間生産量 : 400,000
所有ブドウ畑 : 60ha + 20ha(借用)

ヴァイラは常に伝統と土地に対する愛着を持つワイナリーの代表で、アロマの繊細さ、すっかりとした酸味、長期にわたる瓶熟成を結びつけることができる規範となるワイナリーです。バローロ デッレ ブリッコ ヴィオーレはバローロ村の同名畑の単一畑ワインで、その好例です。ただリースリング レナーノにしてもフレイーザにしても全てのワインが明確な特徴を持っています。2009年にヴァイラ家はセッラルンガ ダルバ村のルイージ パウダーナのワイナリーを購入。それによりワインの種類はさらに豊かになりましたが、特に2つの単一畑のバウダーナとチェッレッタが重要です。
商品コード : IPIR107753
製造元 : G.D.ヴァイラ
希望小売価格 : 8,424
価格 : 6,630円(税込7,160円) 
750ml
ポイント : 66
数量
 

イタリア ピエモンテ

13,900円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料 ※飲食店様会員(北海道、九州、沖縄)は除く

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • バローロ村の南、ノヴェッロ村近くの畑です。発酵はステンレスタンク(25日間のマセラシオン)。熟成は大樽で42〜48ヶ月間程度。ネッビオーロはミケとランピアのみを使用(ロゼは使用していない)。

  • バローロ村の代表的な造り手で、多くの醸造家がこのワイナリーで学んで独立していきました。オーナーのアルド ヴァイラ氏は多くの造り手から「マエストロ(先生)」と慕われる醸造家であり人格者です。現在は息子のジュゼッペも醸造に参加。毎年120種の醸造を試しています。

  • 僅か0.3haから始めたワイナリー。転機は1986年、バローロ地区の雹害でほとんどの畑が壊滅的な被害を受け大不況に。多くの造り手が廃業していく中、あきらめきれずに借金をして畑を買い増し。今ではバローロ村を中心に各地域の優良畑を所有しています。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    

ページトップへ