イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業日
   ショップ紹介
サッカーワールドカップ ロシア大会も終わってようやく睡眠時間も普通に取れるようになり、平常な日が戻っ...
 
 
 
 
 

トップ > 赤ワイン > ピエモンテ  > バローロ 2012 テッレ デル バローロ 赤 375ml ハーフボトル
2,000円〜2,999円 > 赤ワイン > バローロ 2012 テッレ デル バローロ 赤 375ml ハーフボトル
バローロ > バローロ 2012 テッレ デル バローロ 赤 375ml ハーフボトル
地域でさがす > ピエモンテ > バローロ 2012 テッレ デル バローロ 赤 375ml ハーフボトル
ピエモンテ > バローロ 2012 テッレ デル バローロ 赤 375ml ハーフボトル
ハーフボトル(375ml) > バローロ 2012 テッレ デル バローロ 赤 375ml ハーフボトル

バローロ 2012 テッレ デル バローロ 赤 375ml ハーフボトル

Barolo 2012 Terre del Barolo

【赤】【フルボディ】【アルコール度数14.0%】
等級 : Rosso D.O.C.G.
葡萄品種:ネッビオーロ(100%)
熟成:25haから50hlのフレンチオーク樽で38ヶ月間
年間生産本数 : 30,000本

バローロは、ネッビオーロから造られるD.O.C.G.ワインで、イタリアの公式行事にも使われるイタリアを代表する赤ワインです。集約感のあるワインにするため、2,500Lと5,000Lの樽で熟成します。法定期間は1年半で良いのですが、伝統的な2年熟成しています。

バローロとしてはベーシックにあたる村名ワインになりますが、とても好感の持てる仕上がりです。
色調は輝きのあるガーネット色。甘く熟したフルーツの香りや、すみれなどの赤い花、スパイス、バルサミコなどの香り。口に含むとタンニン、フレッシュさと旨みのバランスがとても取れた味わいです。

--ワイン誌評価--
2013VT
ビベンダ2018 3グラッポリ

2012VT
ビベンダ2017 3グラッポリ
ガンベロロッソ2017 2ビッキエリ
ルカ マローニ ベストワイン年鑑2017 85点

2011VT
ガンベロロッソ2016 1ビッキエロ

相性の良い料理 : ポルチーニ茸ソースのタリアン(パスタ)など

TERRE DEL BAROLO
住所 : Via Alba-Barolo, 5 - 12060 Castiglione Falletto (Cuneo)
設立 : 1958年
オーナー : Matteo Bosco(会長)
エノロゴ : Daniele Ponzo
年間生産量 : 3,800,000
所有ブドウ畑 : 650ha + 4ha(借用)

テッレ デル バローロ(バローロの大地の意)は、その名の通り、ランゲ地方の異なる地域の多くの農家をまとめ上げている生産者協同組合で、畑の総面積は600ha以上になる。それによりコスト パフォーマンスの高いワインをかなり大量に供給しています。誕生したのは1958年で、それから多くの実沈りがありました。現在のオーナーはマッテオ ボスコ氏で、大きな潜在能力を持つこの組合の名声を高める努力をしています。この組合が生産しているワインの中にはランゲ地方の著名畑が多く含まれています。
商品コード : IPIR1014001
製造元 : テッレ デル バローロ
希望小売価格 : 2,484
価格 : 2,070円(税込2,235円) 
375ml
ポイント : 21
数量
 

イタリア ピエモンテ

10,800円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料 ※飲食店様会員(北海道、九州、沖縄は除く)

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • 伝統的な造りかたのバローロ。渋みも優しく飲み易い。料理全般に合わせやすい。

  • エノロゴを中心とした素晴らしいチームにより品質向上/手頃な価格ながら高品質のワイナリー。

  • 2011年から全ての化学肥料を止めています。これまでも数ヶ所の畑ではオーガニックでしていました。除草剤は使わず、雑草を生やして、月に1度刈り、そのまま肥料としています。ひとつの畑に2〜3種のクローンを植え、複雑さを出しています。収穫は手摘みで行われています。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    

ページトップへ