イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
今日
休業日
2018年 03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業日
   ショップ紹介
少し遅くなりましたが皆様、あけましておめでとうございます。本年もワインショップ タストヴァンをよろし...
 
 
 
 
 
 

トップ > 2,000円〜2,999円 > スパークリングワイン > シードル メトド アンセストラーレ モンブラン N.V. マレイ 泡 750ml
地域でさがす > ヴァッレ ダオスタ > シードル メトド アンセストラーレ モンブラン N.V. マレイ 泡 750ml
ヴァッレ ダオスタ > シードル メトド アンセストラーレ モンブラン N.V. マレイ 泡 750ml

シードル メトド アンセストラーレ モンブラン N.V. マレイ 泡 750ml

Cidre Metodo Ancestrale Mont Blanc N.V. Maley

【白】【泡】【リンゴ酒】【アルコール度数3%】
リンゴ品種:ラヴェンツェ、クロッソン ド ブシ
熟成:メトド アンセストラル

マッターホルンの高地にある樹齢300年という高樹齢のリンゴから個性的なシードル

発酵は大きな樽の中で自然酵母のみでゆっくりと進んでいきます。培養酵母や砂糖、酸など何も足すことははい。アルコールが2.5%まで上がった段階で冷却し、フィルターに通します。その後、ボトルに移し、更に発酵が進んでいくことで天然の発砲を手に入れる。「この手法で醸したシードルは長く還元状態にある。よって少し空気と触れさせて開かせてあげなくてはならない。

琥珀がかった麦わら色。心地良いフルーティさと、優しい泡立ちがとても心地良く飲みやすい。

相性の良い料理:モッツアレラチーズのフリッターなど

MALEY
住所 : Neyran-Dessus 3a - 11020 Brissogne (Aosta)
エノロゴ : Gianluca terrori

1929年、当時のファシスト政権により、シードルの製造が禁止され、林檎の樹は放置されることとなった。そして80年後、スプマンテの醸造の為に畑を探していた時、荒廃したリンゴ樹を発見。地元の老人からシードルの話を聞き驚く。昔ここはシードルの産地だった。ヴァッレ・ダオスタでは古代、日常的に飲まれていた酒であった。モンテ アンコの麓でこの伝統的な酒“シードル”の復活を実現させたのがマレイ。アオスタ渓谷の中心部ブリソーニュに位置する。標高は900m。シードルに使われるリンゴはブラン ド モルジェが造られるラ サレ地区から。
商品コード : IVAS107104
製造元 : ケットマイヤー
希望小売価格 : 2,808
価格 : 2,210円(税込2,386円) 
750ml
ポイント : 22
数量
 

イタリア アルト アディジェ

10,800円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • フランスとモンブランを境に国境を接する ヴァッレ・ダオスタ州。 以前は、フランス、スイスと同じように、 ここヴァッレ・ダオスタでもシードルが造られていた。 しかし、1929年当時のファシスト政権により、 シードルの製造が禁止され、 林檎の樹は放置されることとなった。 『当時、シードルはフランス文化と捉えられていた為に 他のフランスから伝わったものと同様に禁止された』

  • 醸造責任者ジャン・ルーカ シャムニーからレガン・ジュラスというモン・ブランの 山の1つを登った標高900mの集落に林檎樹はある。 『ここの住民は6人。2家族で子供が4人。 昔はシードル造りで有名だった地域であった。 シードル造りの名人と言われる人の教えをもらいながら カーヴ・ド・ヴァン・ブラン・ド・モルジェでの経験を 活かしてシードルを造っている』 『アルト・アディジェやトスカーナで栽培されている林檎と このアオスタの林檎は全く別物。品種も違えば、仕立も違う』 『この自然環境の林檎は整備された畑の4倍以上 手間はかかるが、林檎そのものの味はより強く表現できる』

  • 樹齢200年の林檎の樹 林檎は葡萄以上に時間のかかる果物。 『葡萄は植樹から3年で果実を着けるが 林檎は植樹してから20年経たないと果実が着かない』 樹齢が高まれば、高まるほどに樹は大きく成長し、 多くの果実を着けるようになる。 『樹齢200年の樹は465kgの林檎が収穫できる。 一方、樹齢60年の樹からは180kgしか収穫できない』 ただし、高樹齢の林檎の樹は非常に手間がかかる。 大量の水分を必要とするので、 乾燥の激しい土地では育たない。 死んだ枝を切り落とさないと実を着けないので 整枝作業は必須。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    

ページトップへ