イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業日
   ショップ紹介
気がつくとイタリアで毎年この時期に行われるワインの祭典 「ヴィニイタリー」も終わり、「今年も行けなか...
 
 
 
 
 

トップ > 赤ワイン > シチリア  > エトナ ロッソ セッラ デッラ コンテッサ 2013 ベナンティ 赤 750ml
5,000円〜9,999円 > 赤ワイン > エトナ ロッソ セッラ デッラ コンテッサ 2013 ベナンティ 赤 750ml
地域でさがす > シチリア > エトナ ロッソ セッラ デッラ コンテッサ 2013 ベナンティ 赤 750ml
シチリア > エトナ ロッソ セッラ デッラ コンテッサ 2013 ベナンティ 赤 750ml

エトナ ロッソ セッラ デッラ コンテッサ 2013 ベナンティ 赤 750ml

Etna Rosso Serra della Cnotessa 2013 Benanti

【赤】【フルボディ】【アルコール度数13.5%】
等級 : Rosso D.O.C.
葡萄品種:ネレッロ マスカレーゼ(80%)、ネレッロ カップッチョ(20%)
熟成:15〜25haのフレンチオークで18ヶ月間 → 瓶熟1年間後、出荷
年間生産本数 : 7,000本

エトナの歴史はベナンティの歴史

ネレッロ マスカレーゼとネレッロ カプッチョが混植された南斜面のヴィアグランデの葡萄を使用。ベナンティの所有畑では一番標高が低い500mの畑です。1910年に植樹された歴史的な畑で樹齢は100年を越える。ピエ フランコが多く存在する。ブドウの収穫は最も早く9月中旬。醸造はロヴィテッロと全く同じ。

色調は透明感と活力のあるガーネット色。強い塊のような香りでフルーツジャム、焼いたアーモンド、ピンクグレープフルーツや燻製など様々。味わいは繊細で絹のようなタンニンと旨み、果実味も十分に感じ、余韻も長め。フィニッシュにはドライフルーツを感じます。

--ワイン誌評価--
2013VT
ビベンダ2018 4グラッポリ
ガンベロロッソ2018 2ビッキエリ

2012VT
ビベンダ2016 4グラッポリ
ガンベロロッソ2017 2ビッキエリ

2011VT
ビベンダ2015 5グラッポリ
ガンベロロッソ2015 2ビッキエリ

相性の良い料理:生ハムとチーズを詰めた仔牛のインヴォルティーノなど

BENANTI
住所 : Via Garibaldi, 361 - 95029 Viagrande (Catania)
設立 : 1988年
オーナー : famiglia Benanti
エノロゴ : Enzo Cali
アグロノモ : Giacomo Gravina
年間生産量 : 160,000
所有ブドウ畑 : 18ha + 10ha(借用)

現在情熱を持った息子のアントニオとサルヴィーノの協力によって助けられている家族経営のワイナリーを運営しているカヴァリエーレ(イタリアの勲位である騎士勲章)ジュゼッペ ベナンティは批評家と市場にエトナにワインを再発見させた功績があり、長年エトナワインの価値を高める唯一の生産者でした。伝統を尊重し、エトナ火山地区の歴史にあくまで忠実に彼が造り上げてきたワインは、現在、全てのエトナの生産者にとって無視することができない重要な規範です。そのモデルとも言えるワイン造りは非の打ちどころのない科学的前提条件と、数十年も続けてきた実験に基づき特許登録されている固有選別酵母が好例ですが、エトナ地域のブドウ栽培の潜在能力の多くを世の人に知らしめました。
商品コード : ISIR107747
製造元 : ベナンティ
希望小売価格 : 6,264
価格 : 4,930円(税込5,324円) 
750ml
ポイント : 49
数量
 

イタリア シチリア

10,800円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • 1800年代末、ジュゼッペ・ベナンティはカターニャのヴィアグランデでワイン造りを始めました。これがベナンティ・ワイナリーの始まりです。その後、財産分与を繰り返し、畑は細分化されることとなるが、1988年、初代ジュゼッペ・ベナンティの孫であるジュゼッペ・ベナンティ博士が畑を買い戻し、エトナのワイン造りを復活させるべく、クローンの多様性の復活、適切な醸造への回帰に注力。

  • 樹齢100年を越すネレッロ・マスカレーゼを中心にエトナの火山岩土壌を反映した美しいワインを造り続けている。今日のエトナの歴史はベナンティの歴史と言っても良い。エトナのポテンシャルを引き出し、後人の見本となったカンティーナであり、エトナの全てがここにはある。『我々のワインはエトナの昔ながらの味わいを復元したものだ。エトナ独特の黒色火山岩から生まれるワインは現代的ワインとは違うかもしれない。でも、これがエトナなんだ』

  • エトナ火山の北側斜面、東側斜面、南側斜面、西斜面、全てに畑を所有しています。 「標高は一番低い畑でも500m。最も高い畑は葡萄栽培の限界を超えているとも言われる1200mでカリカンテを栽培しています。」 そして、もう1つ重要なのが樹齢。彼等の畑には樹齢100年を越すネレッロ・マスカレーゼが多く残されていて、その中にはフィロキセラに侵されていない自根の葡萄樹も多く存在している。全ての畑は周辺環境にも配慮したビオロジックで管理されていて、ほとんどがアルベレッロ仕立。これはワインには最終的に畑を含む自然環境が表れるとの考えによるもの。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    

ページトップへ