イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  

トップ > 白ワイン > ウンブリア > オルヴィエート クラッシコ カンポ デル グアルディアーノ 2017 パラッツォーネ 白 750ml
2,000円〜2,999円 > 白ワイン > オルヴィエート クラッシコ カンポ デル グアルディアーノ 2017 パラッツォーネ 白 750ml
地域でさがす > ウンブリア > オルヴィエート クラッシコ カンポ デル グアルディアーノ 2017 パラッツォーネ 白 750ml
ウンブリア > オルヴィエート クラッシコ カンポ デル グアルディアーノ 2017 パラッツォーネ 白 750ml

オルヴィエート クラッシコ カンポ デル グアルディアーノ 2017 パラッツォーネ 白 750ml

Orvieto Classico Superiore Campo del Guardiano 2017 Palazzone

【白】【辛口】
等級 : Bianco D.O.C.
葡萄品種:プロカニコ 50%、グレケット 30%、ヴェルデッロ 15%、マルヴァジア 5%
熟成:ステンレスタンクで7ヶ月間、瓶内で最低18ヶ月間
アルコール度数 : 13.5%
年間生産本数 : 10,000

カンポ デル グアルディーノという単一畑から収穫されたブドウを使用して醸造しています。この畑は非常に複雑で、10mごとに地質が変わっています。年間600ケースのみ生産。10月初めまで収穫を遅らせることによって、例外的な深みを味わいに持たせています。数あるオルヴィエートの中で最高の畑の一つと言えます。

色調は黄金がかった麦わら色。香りは柑橘系フルーツの香りに支配され、その後熟したフルーツや白い花の香りを感じます。口に含むととてもエレガントで洗練された酸味とミネラルを感じます。

--ワイン誌評価--
2018VT
ビベンダ2022 4グラッポリ
ガンベロロッソ2022 赤2ビッキエリ

2017VT
ビベンダ2020 4グラッポリ
ガンベロロッソ2020 赤2ビッキエリ

2016VT
ビベンダ2019 4グラッポリ
ガンベロロッソ2019 赤2ビッキエリ

2015VT
ビベンダ2018 5グラッポリ
ガンベロロッソ2018 赤2ビッキエリ*

相性の良い料理:オマール海老のロースト カタラーナ風 など

PALAZZONE
住所 : Loc. Rocca Ripesena, 68 - 05019 Orvieto(Terni)
設立 : 1969年
オーナー : Giovanni と Lodovico Dubini
エノロゴ : Giovanni Dubini
年間生産量 : 135,000
所有ブドウ畑 : 24.0ha

ジョヴァンニ ドゥビーニの造るワインは、オルヴィエートのテロワールが、いかに優れているか、そして白ワイン生産にとってイタリアでも最も重要な地域の一つとしていた歴史が間違えていなかったことを証明しているワインだと言えます。ロッカ リペザーナの素晴らしい丘陵にベースとなる畑があり、そこで素晴らしい才能を持ったヴィニュロンが感受性、経験、創意を発揮していると言えます。特に白ワインはオルヴィエートのテロワールのエッセンスをよく表していて、典型性と自然さについてよく表現されています。
商品コード : IUMB107239
製造元 : パラッツォーネ
希望小売価格 : 3,520
価格 : 2,720円(税込2,992円) 
750ml
ポイント : 27
数量
 

イタリア ウンブリア

13,900円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料 ※飲食店様会員(北海道、九州、沖縄)は除く

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 非常に力強く複雑な白ワインです。岩や草原のハーブの香りが果実とよく溶け合っていて、魅力的です。口に含むと繊細な綾あり、肉付きがよく、伸びがあり、味わい深いのが印象的です。生き生きとしていて、地中海的特徴が明確で、後味には典型的なアーモンドのトーンを感じます。

  • 実はオルヴィエートの造り手は25人しか存在しない。しかし市場には500種類以上のオルヴィエートが存在する。これこそがオルヴィエートの評判を落とした大きな原因です。葡萄を栽培し、ワインに仕上げた段階でワインを買い取るボトラー(80社もあるのだそう)が色々なエチケットを貼って大量にスーパーマーケットなどに販売していた為、オルヴィエートは安ワインの代名詞のような扱いになってしまいました。そのイメージを払拭する高品質なオルヴィエートです。

  • 60年代後半に父親がパラッツォーネ荘園を購入、70年に葡萄を植樹、74年から葡萄の販売を開始、70年代後半には自家消費用ワインを造り始めたが販売はしていなかった。84年に父親の亡くなったのを機に本格的にワイン造りを開始した。当時は5種類の葡萄を混植していたが、2000年には殆ど畑を植替え、区画毎に品種を分けて植えている。『品種毎に病気への耐性も違うし、熟すタイミングも違うので今では分けて栽培し、品種毎に発酵させ、ブレンドしてから熟成させている。

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    ショッピングガイド

ページトップへ