イタリアワイン専門店「ワインショップ タストヴァン」
  
会員登録/修正 メルマガ登録

携帯・スマホから

     
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業日
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    


 
 
 
 
 

トップ > 赤ワイン > トスカーナ  > カマルカンダ 2015 カ マルカンダ (ガヤ) 赤 750ml
10,000円以上 > 赤ワイン > カマルカンダ 2015 カ マルカンダ (ガヤ) 赤 750ml
地域でさがす > トスカーナ > カマルカンダ 2015 カ マルカンダ (ガヤ) 赤 750ml
トスカーナ > カマルカンダ 2015 カ マルカンダ (ガヤ) 赤 750ml
ビベンダ 5グラッポリ > カマルカンダ 2015 カ マルカンダ (ガヤ) 赤 750ml

カマルカンダ 2015 カ マルカンダ (ガヤ) 赤 750ml

Bolgheri Rosso Camarcanda 2015 Ca' Marcanda (Gaja)

【赤】【フルボディ】
等級 : Rosso D.O.P.
葡萄品種:カベルネ ソーヴィニョン 80%、カベルネ フラン 20%
熟成:バリック(新樽)12ヶ月
アルコール度数 : 13.5%
年間生産本数 : 30,000

誕生から20周年を迎えたカマルカンダですが、その節目としてこのヴィンテージからセパージュが大きく変更されました。メルロ主体からカベルネ ソーヴィニヨン主体となり、今までのヴィンテージとはキャラクターも大きく異なります。

グラスに注ぐとブラックベリーなどの黒系果実のアロマが広がります。更に花やスパイス、鉄などのニュアンスが混ざり合い、非常に複雑な香り。口に含むと厚みのあるボディに美しい酸が調和し、圧倒的なフィネスを感じさせます。

--ワイン誌評価--
2016VT
ビベンダ2020 5グラッポリ

2015VT
ビベンダ2019 5グラッポリ
ガンベロロッソ2019 1ビッキエロ
ワインアドヴォケイト 96点
ワインスペクテイター 94点
ジェームスサックリング 92点

2014VT
ガンベロロッソ2018 2ビッキエリ

2013VT
ビベンダ2017 5グラッポリ
ガンベロロッソ2017 3ビッキエリ
ワインアドヴォケート 95点
ワインスペクテイター 95点

2012VT
ビベンダ2016 5グラッポリ
ガンベロロッソ2016 赤2ビッキエリ

相性の良い料理:ラムチョップ など

CA' MARCANDA
住所 : Localita Santa Teresa, 272 - 57022 Castagneto Carducci (Livorno)
設立 : 1996年
オーナー : famiglia Gaja
所有ブドウ畑 : 100ha

ワイナリーの名前である「カ マルカンダ」とは、ピエモンテの方言で「望みのない交渉の家」という意味です。オーナーであるアンジェロ ガイア氏は、この土地を手に入れるため、所有者に何度も交渉に出かけるものの、ことごとく玉砕。18回にも及ぶ交渉の末、やっとこの念願の土地を譲り受けたそうです。その交渉中、アンジェロ ガイア氏は妻からしばしば「またカ マルカンダ(望みのない交渉)にいくの?」と呆れられていたといい、このワイナリーに『カ・マルカンダ』と名付けたのでした。
商品コード : ITOR001419
製造元 : カ マルカンダ (ガヤ)
希望小売価格 : 16,500
価格 : 13,500円(税込14,850円) 
750ml
ポイント : 135
数量    残りあと1個
 

イタリア トスカーナ

13,900円(税込)以上お買い上げのお客様は配送料無料 ※飲食店様会員(北海道、九州、沖縄)は除く

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 2015年のトスカーナは冬から春にかけて穏やかな気候で、例年よりも夏の始まりが遅かったため、ブドウはゆっくりと育っていきました。夏の暑さは9月中旬まで続き、そこから一気に気温が下がったことで生き生きとしたままブドウが成熟。キレのある酸が魅力的なワインが作られました。

  • カ マルカンダの土地がサッシカイアなど一部のトップワイナリーにしかみられない特異な土壌であったことです。テッレ・ブルーネ(ロームと粘土を含む黒い土)とテッレ・キアーレ(石灰質が豊富で石や砂利を多く含む白い土)が入り混じる個性的なテロワールは、国際品種を栽培するのに最適で、特に上質なメルロを主体としたワインで、サッシカイアとは違うボルゲリのワインの新しいスタイルを確立しました。当時カベルネ ソーヴィニヨン主体のボルドーブレンドが主流であった中でのこのカマルカンダの存在は、「偉大な成功」と評価されています。

  • カ マルカンダは、サッシカイアを筆頭にハイクオリティのスーパータスカンが多く産出されるトスカーナ州の沿岸部ボルゲリ地区で、1996年にガヤが手に入れたワイナリー。カ マルカンダとは、ピエモンテの方言で「望みのない交渉」という意味。アンジェロ・ガヤ氏はボルゲリの地でワインを造るため、最高の土壌を求めて研究に研究を重ね、ついに理想の土地を見つけました。しかし、彼は何度も交渉に出かけるものの、その土地の所有者はなかなか首を縦に振らず、18回に及ぶ交渉の末、やっとその念願の土地に畑を取得しました。

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
                    ショッピングガイド

ページトップへ